和合館工学舎|地域を支える技術者を育成し、建設業の技術力向上を目指す

ヘルメットを持つスーツの男性

地域を支える
技術者を育てる

地域を支える
技術者を育てる

地域を支える技術者を育てる

Slider
和合館工学舎とは

MISSION

和合館工学舎とは

一般社団法人・和合館工学舎(WAGOKAN Culture Crossing Center of Engineering 略称:W.C.C.C.E)は地域の社会基盤を整備し、建設文化を担う地域に密着した企業および行政の「建設総合技術力向上」を目指し、心を同じくする地域建設業が手を組み記念すべき令和元年に設立に至りました。地域建設業に従事する(または目指す)者を対象とするだけでなく、行政や企業、教育・研究機関、そして地域・市民組織とも広く連携し、実践的な社会人教育を行う学び舎として、より良い社会を構築するための拠点となることを目的としています。

COUNTRY CONSTRUCTON

誇るべき日本の【地域建設業】

地域建設業の仕事は大手ゼネコンと比較し規模が小さい案件が多いため、一人に課せられる仕事の幅が広く、広範な知識と技術、そして人間力が求められます。そこで培われた技術や経験は大手ゼネコンでは得られない、高い価値があります。日本の地域建設業の技術とホスピタリティーは世界に誇れる特筆すべきものがあるのです。私たちはそこで働く人、志望する人を、より高みへと導き社会を幸せにする人が一人でも増えることを願っております。

取り組み

  • 技術者交流連携センター
  • 就職転職支援センター
  • エンジニア養成センター
  • 知識集約・情報センター
  • 生産環境支援センター
  • 新技術研究センター
  • テレワーク支援
  • テレワーク研修
  • 詳しくはこちら

PHILOSOPHY

私たちの理念【和合】

私たちの活動理念は「和合」であります。 和合とは、多くのものが互いに打ち解け、混じり合い、組み合い、一つになること。 心、社会、自然が互いに恵み合い調和することを理想とします。 地域建設業がより良い社会基盤をつくる強固な支え手として今後さらに向上していけるよう、私たちは多くの組織や人たちと手を組み、互いに手を取り合って活動してまいります。

組織概要